最近のコメント

シック クアトロ4チタニウム振動ヘッドホルダー

シック クアトロ4チタニウム振動ヘッドホルダーを買ってみた。 替刃が2個付いて、シェービングクリームも付いて、 アマゾンで861円でした。 ドイツ製の替刃に、本体が中国製、シェービングクリームはタイ製です。 効果があるかどうか不明ですが、ヘッドが振動するので、よく剃れるそうですw ちなみに、わざわざ5枚刃のモデルじゃなくて、少し古めの4枚刃のモデルを買ったのは他でもない、 ディスポタイプのクアトロ4チタニウムの出来が良いので、ディスポの刃と替刃の互換がある、 クアトロ4チタニウム振動ヘッドホルダーを買った次第です。 この通り、替刃は完全に同じ物で、ディスポタイプの刃を外して、交換タイプに装着が可能となっています。 なぜ態々このような事をするのかと言うと、何と、替刃1個辺りの価格が「替刃 > ディスポタイプ」と言う 式がなりたっているからです。 替刃式のヒゲソリのビジネスモデルは「ジレットモデル」が基本で、 本体セットを薄利か赤字で販売してばらまいて、替刃を割高にすることで、消耗品で莫大な利益を出せるモデルで、 ある程度ならそれは良い販売方法なんですけど、他にプリンタなんかも「ジレットモデル」で、 余りに露骨だったりしますね。 互換性が無いのならそういった裏技は使えませんが、替刃タイプとディスポタイプで別の金型を用意するのは メーカーにとってはメリットが無いので、ディスポタイプのヒゲソリは、古い替刃タイプのモデルをベースに するので、このような裏技が可能となっています。 ただ、広くこの裏技が知られると、メーカーも対策してくるかも知れません。 ちなみに、この裏技の他に、アマゾンの定期便の裏技を使って「シック クアトロ4チタニウム振動ヘッドホルダー」を買いました。 定期便は1回の購入でも止める事が出来るので、1回目の定期便が来てから、定期便止める事でリスク無しに10%引きで購入できます。 ただ、定期便だと発送が月末なので、直ぐに欲しい場合は使えません。 さっそく、ディスポタイプの持ち手の部分を外しました。 ただ、凄く資源の無駄のような気がします・・・

[…]

ゲスの極みZ武氏の本

最近話題のZ武氏の「五体不満足」を買ってきました。 個人的に、共感して応援出来る企業や人の製品やサービスは可能な限り新品で購入するのですが、 当然、こんなゲス野郎に印税は払いたく無いので、 ブックオフの108円~200円コーナーで探して入手。 流石15年前位に大ベストセラーになった本で、 比較的簡単にみつけることが出来ました。 確か私が学生時代、アルバイトへ行く前に時間調整で本屋へ寄っていた頃、 頻繁にこの本の紹介の店内放送が流れていて、 何も知らない私は大変な障害があるのに頑張ってて凄い人だなぁ~と 関心していた記憶があります。 しかし、Z氏が出している本は結構あるようですが、Z氏の強烈な2面性と「自分を愛する力」と言う本を出している 事を考慮すると、例の人格障害で間違い無いようですね。 特にそういった人格が形成できる環境が出来過ぎている。 これだけ大変な障害を持って生まれたわけだから、周りの人は兎に角優しく親切に接しますよ。 するとそんな環境に慣れると、それが当たり前の事になり、他人に対して「感謝」するという感覚が無くなる。 だから、「自分は他人に何をしても良い」「他人は私の道具に過ぎない」と言う考え方ができるようになるのですが、 その気持ちを前面に出すと周りは逃げて行くので、表は感じの良い人間を装い、裏では本来の自分であるゲスな事をするようになるのですが、 その2面性が何らかの要因で表裏一体になってしまったとき、他人と平等であることが彼らにとっては異常であるため、 何で自分が悪いのか、理解すら出来ないわけですよ。 自分が悪く無いのに謝ると言うのは、彼らにとってはプライド(と言ってもチンケなプライドですけど)がズタズタになるようで、 発狂するか、黙りこくるの2種類に分かれますね。 Z氏も表面上は謝罪してても、炎上を止めるのが目的と言うのはミエミエなので、 何が悪いのか理解出来てないでしょうね。 私の昔関わった怪物も同じで、2面性がバレて都合が悪くると、黙ってしまったり、その場から逃げてしまったりとそんな感じでしたね。 追及されて黙ってしまうのは、私の知る限りでは4~5回位はあったかな?

先日秋葉行った時に

TrancendのMLCタイプのSSDのTS128GSSD360S(128GB)が税抜き3980円位で売っていたので、 ついでに買っておいたのですが、せっかくなのでまた別のノートPCに装着してみることにしました。 しかし、以前買った同じくTrancendのSSD370Sの256GBと比べて、外装はアルミで同じですが、 何が違うのか調べたところ、若干スペックが劣るとか。 しかも、DDR3のキャッシュが未搭載との事なので、プチフリーズが発生する予感がします。 Kingstone製のSSDと比べて、9mm厚に対応するスペーサーが付属していません。 今回SSDに交換するのは、LenovoのZ575と言うこれまた円高の時に3万弱で購入したノートPC。 当然、メモリは8GBにしてあり、以前1TBのハードディスクと交換しましたが、 やはりノートPCに搭載する補助記憶装置は、サイズよりもアクセス速度と低消費電力重視なので、 そそくさと交換することにしました。 ハードディスクはSamsungのST1000LM024というモデル。 外付けのハードディスクを分解して入手しました。 これが、ST1000LM024の結果。 そして、これがTS128GSSD360S、ハードディスクと比べると速いし、Kingstoneの「SSDNow V300 Drive SV300S37A/120G」よりライトが速い。

[…]

120GBのSSDを複数買って搭載したので

最近のSSDの価格下落を受けて、順次ハードディスクをSSDに交換しているのですが、 R/W性能を「crystal disk mark」で測ってみることにしました。 特に気になるのが、新製品時の高評価のレビュー後に、部品を性能の劣った部品に交換する、 Kingstone社製のSSDが気になります。 私の場合、単純にフラッシュメモリにMLCを使っている事と、120GBだと激安品のSDカードと変わらない 価格なので、Kingstoneの「SSDNow V300 Drive SV300S37A/120G」を選んでいるのですが、 あまりに遅いなら嫌ですよね。 ちなみに、ベンチマークソフトはCrystalDiskMarkの5.1.2を使用しています。 先ずは、録画/TS配信用で使用している、ASUSのBT6130のWindows10Proのマシン。 CPU:celeron G1620 MEM:8GB OS:Windows10Pro X64 搭載しているSSDの「SSDNow V300 Drive SV300S37A/120G」はNTT-Xで買ったブツです。 チップセットの仕様でSSDはSATA2で接続しています。 SSDやUSBメモリは、コントローラがフラッシュメモリに対してストライピングで接続しているので、 容量が大きいモデルの方がW性能が高い傾向がありますが、流石に120GBの低用量だと遅いです。 続いて、AMDのC50と言う低速のAPUを搭載した、acer製のB5ノートPC、「AspireOne 722」 昔、タブレットが無い時代に流行した、ネットブックの強化版のようなノートPCで、 23000円位の格安で購入しました。 Windows7HomePremium搭載だったので、Windows10Homeにアップデート出来ました。 搭載しているSSDはBT6130と同じく「SSDNow V300 Drive SV300S37A/120G」です。 これもNTT-Xで追加購入しました。 CPU:C50 MEM:4GB OS:Windows10Home X64 BT6130に装着した個体よりも、ランダムR/Wが遅い。 このマシン自体が遅いので、その影響も考えられますが、 こりゃ酷い。 次に、同じく先日記事にした、acer製の「aspire v3 v3-571-h52c/k」 こりゃ高評価レビューを出した、初期出荷品が流通在庫として残っていた個体かな? AspireOne722に付けた個体と比べると、到底同じ製品とは考えられません。 しかし、ここまで速度出ればまぁ満足と言うか、税別3980円を考えるとかなりお得です。

[…]

NUCを追加購入

購入してから3ヵ月位放置していましたが、2015年の年末位に秋葉のTWOTOPへ行ったら、 Braswell版のCeleron n3050を搭載した「NUC5CPYH」が税込み13800円で売っていたので、 買っておいた。 既にBay Trail版Celeronを搭載した「DN2820FYKH」を2台持っていて、 そのうち1台はこのブログを動かすサーバ用途で運用しているが、 これでNUCは3台目。 個人的にはNUCにスペックは求めておらず、 ATOM系の低価格省エネのPCで安く買えた方が良いと思っていて、 5万以上出してCorei5搭載のNUC買うなら、一番安い機種を複数台買った方が満足度が高い。 あと、NUCのサイズ感は凄く良いと思う。 本体がコンパクトでも結局各種コードでスパゲティになる、スティックPCよりもシンプルだし、 液晶モニタ裏のVESAマウントに装着すると、なんちゃって一体型PCになるし、場所を取らない。 ただ、本体が15000円程度だとWindows付きの機種が無く、追加でOSの料金払うのも馬鹿らしいので、 Windows以外のOSを入れる事になるが、最近はChoromeさえ入っていれば、大抵の事が出来るので、 それ程Windowsである必要性が無くなってきている。 メモリはTrancendの4GB、確か2700円位で買った。 NUCならコンパクトに収まっているので、秋葉原から持って帰るのも非常に楽。 1種類で世界の複数の地域に対応するため、ACアダプタの先が複数入っている。 これは「DN2820FYKH」でも殆ど一緒だった。 「DN2820FYKH」付属のACアダプタから形状が変わっている。 スペックも変更になっていて、AsianPowerDevices製の12V/3Aから、FSP製の19V/3.43Aに変更になっている。 USB3.0が1ポートから4ポートに対応したり、6Gbps SATAに対応したりしているからだろうと思う。 サイズは「DN2820FYKH」と「NUC5CPYH」で殆ど変わらないけど、高さが少しだけ低くなっている。 側面にSDXCカードデバイスが付いて、使い勝手が向上しています。 これにSDカード挿しておいて、cronで定期的にバックアップを取るとかに使えそうです。 裏面の端子類、地味にVGA対応が嬉しい。 裏面はこんな具合ですが、中を開けるネジが裏面のプラスチックとから外せないようになっていたりと、勝手が向上してます。 前面はUSB3.0が2ポートに増加。 中を開けて、メモリとハードディスクを装着しました。 「DN2820FYKH」と「NUC5CPYH」のマザーボードの比較。 このあと、OSを入れるわけですが、Linuxmint17.3やUbuntuの16.04LTSのデイリービルドとか入れてみましたが、 どちらもインストール出来なかったので、とりあえずUbuntu15.10をインストールしました。

[…]

aspire v3 v3-571-h52c/kをSSDに交換

最近はSSDの価格が安くなり、120GB程度だと4000円程度で購入出来て、 これじゃ低速なSDカードと値段変わんないじゃんという事で、ノートパソコンの 補助記憶装置を2.5inchハードディスクからSSDに交換を進めているのですが、 円高の時に3万弱で購入した、acer製の「aspire v3 v3-571-h52c/k」も今回交換してみました。 このA4のノートパソコン、新品を「Core i5 2450M」搭載で3万弱と激安で購入して、 即メインメモリだけは4GB×2に交換して、OSも1200円払ってWindows8Proの64bitにしたんですが、 今回SSDに入れかえるついでにWindows10Proにしようと思います。 交換するのは、Kingstone製の「SSDNow V300 Drive SV300S37A」。 Kingstoneは、初期出荷で高評価レビューされてから、 型番変えずにパフォーマンスを落とした経歴があって心配ですが、 そこまで速度を追及するわけでも無いので、これで良いかなと。 ちなみに、ドスパラで税抜き3980円購入したブツ。 とりあえず、ハードディスクを外しました。 WD製の「WD3200BPVT」が採用されていました。 「WD3200BPVT」は厚さが9mmで、SSDの方が7mmなので、 SSDに付属する厚さ調整用のプレートを付けます。 この後、USBメモリに入れたWindows10からブートして、 何時もの通り、サクッとインストールしました。 Windows10はクリーンインストールだと、ディスク消費が少なくて良い。

[…]

ステイン除去

現在、超音波歯ブラシはPanasonicのドルツ、EW-DL22を使用していますが、 ステインクリーナーのEW-DC11-Sがかなりへたってきていて、 音波振動歯ブラシで同時にステイン除去も出来たら良いかなと思い、追加でステイン除去が付いた 上位機種、EW-DL32をnttxで6000円弱で購入した。 型落ちなので、非常に安く購入出来たのですが、本体の色がピンクw 買ってから暫く放置プレイしていたのですが、町田のビックカメラアウトレット行ったら、 展示品の同機種が税別2980円で売っていたので、ナンピン買いw 結局、こんな状態です。 充電用のホルダはEW-DL22と互換性があるので、 EW-DL32と合わせて使えます。 展示品落ちのアウトレット品とはいえ基本的に付属品もそのまま付いているので、 それを考えても得なのですが、流石に展示されていたブラシは捨てましたw 汚れているし、お子様が使ってそうw 本体に若干の擦り傷が有りますが、まぁ気にする範囲では無いです。 リチウムイオンのへたり具合が気になりますが、 液晶テレビとかカメラの展示品よりはマシでしょうね。 これで暫く替えのブラシとか買わなくて良さそうです。

[…]

秋葉へ行ってきた

東京メトロの土休日回数券の期限切れが間近に迫っていたので、 月曜日に秋葉原へ行ってきた。 例の如く、東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅からアクセスしました。 3/21に秋葉で『艦これ』春の艦祭りがあったみたいで、午後3時頃でも結構混雑していました。 末広町のジャンク街に向かって、物色していましたが、 杉元ガレージの隣の建物が解体されていました。 秋葉には結構古い建物が多くて、最近はマンションに建て替えるのか、 各地で解体中の建物があって、気がつくと風景が変わっていたりしますね。 さて、そろそろお茶しようかと思い、ミスドのドーナッツの引換券が3月末までなので、 ミスタードーナッツへ行こうと思いましたが、秋葉原店は非常に混んでて席が無かったので、 上野店へ行ってみることにしました。 15分位歩いて、上野に到着。 秋葉も混んでますが、上野も結構混んでますね。 入口の席が空いていたので、そこに座ってクレームブリュレドーナツ アップルシナモンとロイヤルミルクティーを注文。 クレームブリュレ美味しいけど、凄く甘い・・・ ロイヤルミルクティーは2杯おかわりをもらって、合計3杯飲んで秋葉へ戻る事にしました。 上野は昭和な風景が残っている所が多く、懐かしい感じがしますね。 秋葉へ戻って、また少し買い物をしてから、 天丼のてんやへ、ワンコインなのに美味しいので、 海外の方が結構入ってましたね。 そして、中国人のアルバイト店員が北米の旅行者相手に、 日本の料理を出しているという謎の構造。 しかし、バブル時代の日本は物価が高かったけど、 気がつけば安くなってしましました。 特に飲食店は異常な気がしますね。 帰りも当然新御茶ノ水駅から帰りましたとさ。

[…]

ジンギスカン

私が小学生位のころ、学校のダンスの曲と言えばジンギスカンの曲でしたが、 なんでこの曲がダンスの音楽に使われたんですかね? 歌詞とか、とてもじゃ無いけど子供にとって良い歌詞では無いと思うのですが、 多分日本の何処かの学校のクラスで使って、それを真似して波及していったのかなぁ~と推測。

Intel Compute Stick

Intel Compute StickにWindows10を入れて、自動的にアップデートされて、 OSビルド番号が10586.XXXが入ると、 ぶっ壊れる件ですが、 いつの間にか修正されていました。 Windows10のHomeの場合、スケジュールでアップデート実施期限は設定できるものの、 アップデート自体の回避が出来ないので、「wushowhide.diagcab」を使用して、 特定のアップデータだけ当たらないようにしてこの問題を回避していましたが、 今後は不要になりそうです。 とりあえず、現在のビルド番号は10586.164ですが、正常に動いてます。 ちなみに、StickPCに入れたTvTESTから、TCP/IP経由でPT3サーバから配信して視聴する件、 今まで激しい遅延でまともに視聴出来ませんでしたが、これもいつの間にか直って 視聴できるレベルに修正されていました。 コーデックがH.264の動画は再生出来て、MPEG2の地デジ放送が再生出来ないのは、 StickPCのWiFiの感度が悪いのか、省エネの制御が下手で、 MPEG2を再生できるスループットが確保出来て無いのかと思っていましたが、 そこはチョットわからないけど、USBから給電の5V2Aで動作できるし、 とりあえずつけっ放しPCに最適な状態になってきました。